靖国神社のお花見【千代田さくらまつりも盛り上がる!】

東京のお花見スポットとして絶対に外せないのが靖国神社ですね。

毎年桜の季節になると、気象庁の職員さんが、靖国神社内のソメイヨシノの開花宣言基準木3本を双眼鏡などでチェックするシーンがニュースで映しだされますが、そういう意味でも日本の花見の中心地といえるかもしれません。

ここの桜は桂小五郎が植えたのが最初と言われていますが、外苑・内苑をあわせると、ソメイヨシノやヤマザクラなど約600本の桜が植えられているそうです。カンザクラ、ブジザクラ、シダレザクラ、ウコンなどもあるので、咲く時期のずれのおかげで、長くお花見が楽しめるのもいいですね。

千代田のさくらまつりが花見の最盛期

毎年、3月下旬から4月上旬にかけて、「千代田のさくらまつり」が開催されます。

毎年50万人とも言われる人出で賑わいます。外苑には約200の露店、内苑奥の神池周辺に桜茶屋が出店し、手ぶらできても十分に飲食出来るようになっています。

ただし、値段の書いていない屋台には注意してください。かなり法外な値段をふっかけるところもありますので。

また、下記のようなイベントも行われます。

  • 奉納夜桜能
  • 奉納プロレス
  • 奉納大相撲

お花見以外の楽しみがあるのは嬉しいですね。

靖国神社の場所取り

基本的に外苑のみ場所取りが可能となっています。桜まつりの期間はすごい人出になりますので、確実に場所を押さえるのであれば、早朝からというのが基本でしょう。

朝7時くらいであれば、まず確実にお花見の場所を押さえることは出来ると思います。ちなみにゴザのレンタルなどもあります。

ケンタッキー・ピザーラ・お酒・弁当などをお花見場所までお届け
楽天デリバリー

その他

  • 開演時間:6:00~18:00(内苑)
  • 夜桜ライトアップ:日没~22:00まで

靖国神社へのアクセス

  • 地下鉄「九段下駅(出口1)」より徒歩5分
  • JR「市ヶ谷駅(A4)」より徒歩10分
  • JR「飯田橋駅(A2/A5)」より徒歩10分

住所

〒102-8246 東京都千代田区九段北2丁目1-1

花見の場所取り【コツとルールとマナー教えます!】

3月下旬から4月下旬にかけて、日本全国でお花見が行われます。 中には南から北上して行って、旅行がてら桜を楽しむという猛者もいるようですが、基本的に2~3回もお花見をすれば十分なんじゃないでしょうか? ...

続きを見る

・スポンサードリンク・


その他の東京お花見スポット情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク

投稿日:2018-02-06 更新日:

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.