但馬・丹波地方 グルメ

人気の豚めしをいただく!【山の駅レストラン】

投稿日:

山の駅レストラン

2021年4月16日、JR福知山線・柏原駅構内にある「山の駅レストラン」を訪問しました。

地元の常連さんたちが集うお店といった雰囲気で、仕事を引退されたおじいさんや、サラリーマンの人たち、近所に住んでいると思われるおばさまたちが来られてました。

と言っても排他的な雰囲気は皆無なので、一見さんでも安心して入店することができます。

今回の訪問は、グルメレビューサイトで評判の良かった「豚めし」が目当てだったので、お店の人にまだ売り切れていないことを確認してから速攻で注文。

噂通り、満足できる完成度のメニューでした!





山の駅レストランで注文したメニュー

「駅弁 豚めし」というキーワードで、Yahoo、google検索1位とポスターに書いてありました。

山の駅レストラン・豚めし

yahooとgoogleの検索アルゴリズムがどうなっているかとか、駅弁の豚めしが日本にどれくらいあるのかは知る由もないですが、少なくとも、「駅弁豚めしと言えば山の駅のが美味い」とレビューしている人が多いのは間違いないでしょう。

というか、下調べした上でこれを食べる目的で訪問したので、当然注文しました。笑

豚めし:1,100円

板野さんちの丹波ポークが使用されている豚めしです。

山の駅レストラン・豚めし

味噌汁と漬物がついてきます。

山の駅レストラン・豚めし

この肉の照りが素晴らしいですね!ボリュームも言うことなし!

ほれ

山の駅レストラン・豚めし

ほれほれ

山の駅レストラン・豚めし

板野さん、グッジョブ!

山の駅レストラン・その他のメニュー

メニューを見ていて目を引いたのが「丹波猪ラーメン:1,000円」です。

山の駅レストラン

神戸の東灘に住んでいた頃、近所に「いのししラーメン」というお店があって、オープン当初はけっこう美味しかったので、よく通ったものでした。

途中から味が落ちてしまったせいもあって客が減り、閉店してしまったんですが、あのときの猪スープの味が忘れられないので、ここのラーメンはどんな味なのか食べてみたいですね。

あと、黒豆コロッケもインパクトあるルックスですよね(*´∀`*)

山の駅レストラン

モーニング、ランチ、3時のおやつ、仕事帰りの一杯などなど、いろんなシュチュエーションに対応したメニューが揃ってましたので、地元の人には欠かせないお店だとわかります。

山の駅レストラン

メニューの文字がかわいいですね

・スポンサードリンク・


山の駅レストランの駐車場

車は店まで徒歩20秒のところにある駅の駐車場に停めることができます。

山の駅レストラン

1時間までは無料なのがありがたいっす(*´∀`*)

山の駅レストラン・店内の様子

入り口はこちら。

山の駅レストラン

構内に入るとすぐにお店です。わかりやすくていいですね。

山の駅レストラン

カウンター席もありましたが、ホットボックス他が所狭しと並べてあったので、使われてなさそうです(イスのひとつはトレー置き場になってるしw)

山の駅レストラン

テーブル席はこんな感じ。コロナ対策のアクリル板も設置されてました。

山の駅レストラン

この写真には写ってない右側に、お手頃価格のパン屋さんがあったので、ちょっとだけ買って帰りました。

山の駅レストラン

山の駅レストラン

まとめ

柏原駅って、なんとも風情がある建物なんですよね。

山の駅レストラン

歴史や背景などを調べても面白そうです。駅前も城下町の風情が残っているので、探索しても楽しいかも。

んで、今回訪問した山の駅レストランなんですが、喫煙可っていうのがどうもなぁ~って感じです。

この日は喫煙している人の席が離れていたので、まだヨカッタんですが、食事しているときに隣の席でタバコを吸われたら・・・と考えると、ちとキツイもんがありますね。

駅自体が木造っぽいので、火事の可能性なども考えて禁煙にするほうが良いのでは?と個人的に思ってしまいます。禁煙になれば、また訪問したいですね。

過去にそこそこのヘビースモーカーだった僕ですが、禁煙してからはタバコの煙とニオイがダメになってしまったので、食事する場所は禁煙であることが望ましいんです。

豚めしは美味しかったし、他のメニューも食べてみたいので、関係者各位にはぜひ禁煙化をお願いしたいところです。

住所:兵庫県丹波市柏原町柏原1146-1
Tel:0795-72-4402
営業時間:8:00~21:00
FACEBOOKページ:https://www.facebook.com/yamanoeki.tamba/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方, グルメ
-,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2021 All Rights Reserved.