電化製品 ライフハック

【バッファロー WEX-1166DHPS】WiFi 無線LAN中継機を買って2階でも快適!

投稿日:

バッファロー WEX-1166DHPS

平屋ならそうでもないのかもしれませんが、2階や3階建ての家に住んでいると、どうしても無線LANが届きにくいポイントが出てきてしまうようです。

我が家もその例にもれず、2階の奥の部屋が電波が届きにくく、わざわざ廊下に出てきてLINEなどを送受信しているという状況でした(゜_゜)

さすがに、このままではストレスでしかないので、無線LAN中継機を導入することにしました。

ネットの口コミやレビュー雑誌の内容などを参考に、

コンパクト
コンセントに直接設置できる
コスパが高い

という条件で探したところ、「バッファロー WEX-1166DHPS」がその条件にピッタリ合ったので、アマゾンでポチりました~!





バッファロー WEX-1166DHPSで電波状態はバッチリ!

そもそも、中継機を購入するきっかけになったのは、ガラフォユーザーの妻からの「電波が入らない」というクレームでした。

2階奥の部屋では、携帯のアンテナが1本しか立たず、非常に電波状態が悪く、LINEのやりとり(特に動画の受信)に異常に時間がかかり、ストレスがたまりまくっていたようなんですね。

ちなみに僕はガラケーユーザーなので、LINEは利用しておらず、我が家がそういった状況にあることを知らなかったのです。

ただ、近い内にふたりともスマホに機種変更する予定だったので、その前に家の電波状態を改善しておく必要があったため、「バッファロー WEX-1166DHPS」を購入しました。

アマゾンチョイス製品で4,480円。・・・5,000円以内で高品質の中継機があったのはラッキーでした(*´∀`*)

こちらを購入したのは、ガチのレビューで知られる某雑誌の比較実験で、現行19機の中でベストだったことも大きな理由のひとつです。

バッファロー WEX-1166DHPS

バッファロー WEX-1166DHPS

本体はこんな感じ

バッファロー WEX-1166DHPS

手のひらサイズなので、設置しても邪魔になりません。

バッファロー WEX-1166DHPS

裏側の上部にコンセントジャックがついていて、直接挿せるようになっています。LANポートなどが必要ないのもナイス!

バッファロー WEX-1166DHPS

初期設定ガイドに沿って設定すれば、10分程度で使えるようになります。

この中継機の良いところは、デスクトップPCなどの有線機器も、ケーブルでつなげるだけでWi-Fiが利用出来る点ですね。コストをかけずにデスクトップPCをWi-Fi利用可能になるのは、ひとつのメリットだと思います。まぁ、そんな人はめったにいないでしょうけど。笑

・スポンサードリンク・


バッファロー WEX-1166DHPSの設定

初期設定ガイドを見ながら、手順に沿って設定していきます。

バッファロー WEX-1166DHPS

絶対に必要なのが、セットアップカードなので、間違って捨てたりしないようにしてくださいね。

バッファロー WEX-1166DHPS

今回はパソコンで設定しましたが、もちろん、スマホからも設定できます。

ちなみに、パソコンだと、こういう画面の指示に従ってすすめていくだけなので、簡単に設定できますよ。

バッファロー WEX-1166DHPS

数分で設定が完了します。

バッファロー WEX-1166DHPS

設定をすすめていくと、インジケーターランプの点灯状態が変化します。

バッファロー WEX-1166DHPS

点灯状態によって、正しく設定できたかどうかが判断できますので、チェックするだけでオッケーです。

バッファロー WEX-1166DHPS

ポイント

できるだけ親機の近くで設定を行うのが肝です。

僕の中では、「1メートルなら『近く』やろ~」という感覚があったのですが、その距離だと説明書にあるようなランプ点灯状態にならず、何度か設定をやり直すはめになりました。

できれば親機の横に並べるくらいの距離感で設定を開始したほうがミスはないと思います。

内蔵2×2アンテナと、5GHZと2,4KHZのデュアルバンド同時接続で、スピードが半減しないようになっているのが、高性能、高評価の理由なんでしょうね。

バッファロー WEX-1166DHPS

バッファロー WEX-1166DHPSの設置場所

なんとなく、親機と部屋の中間地点に設置しとけばオッケーだろうってことで、階段の踊り場の柵の部分に結わえ付けてみました。(あくまで仮設置)

バッファロー WEX-1166DHPS

結果的に、これで全く問題はなく、電波状態はパーフェクトになったんですが、3階建てやデッドポイントが多い家の場合は、最適な設置場所を探したほうがベターでしょうね。

電波状態確認アプリがいろいろリリースされているようなので、そういうのを利用するほうが良さそうです。

例えば、I-O DATAの「Wi-Fiミレル」なら、電波状態がヒートマップで表示されるので一目瞭然です。

 快適なWi-Fi環境実現のお手伝い。無償アプリ「Wi-Fiミレル」で無線LANの電波を見える化。ヒートマップも簡単作成。

ほかにも、

  • WiFi Analyzer
  • 電波強度チェッカー(Android)
  • 電波Checker(Android)
  • WiFi見える化アプリ(Android)

などのアプリがあるようですね。どれも無料アプリなので、ノーリスクで試すことができます。

せっかく導入した中継機ですから、そのポテンシャルを完璧に発揮させるためにも、こういったアプリは積極的に利用したいものですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-電化製品, ライフハック
-

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.