但馬・丹波地方

八鹿日高道路開通【パノラマ&トンネルウォーク】

投稿日:2017-03-20 更新日:

先月の23日に申し込みしていた「北近畿豊岡自動車道開通ウォーキングイベント」が開催されました。

開通前の道路を歩くなんてめったに出来ない経験なので、親戚のおばちゃんとその娘、さらに孫まで集まって総勢6人での参加です。

イベント当日の様子

今回のイベントは、

「八鹿・氷ノ山」から「日高神鍋高原」区間が開通する前に、その上を歩こう!

という内容です。全7km往復14kmというコース。

僕達のグループには幼稚園児が二人いたこともあって、全コースをコンプリートせずに、最初のトンネルを出たらそこから折り返そうという予定をたてていました。

指定されていた、全天候型運動場第2の駐車場に車を停めて、シャトルバスの乗って受付のある「道の駅・但馬蔵」へ。

バスの中の広告がファンキーだったので、思わず写真を撮ってしまいました。笑

但馬蔵から受付に向かいます。

イベント終了後、駐車場に向かうシャトルバスにはここから乗ることになっているようです。

受付をします。当日参加もOKだったのですが、僕たちは予め申し込みをしていたので、パンフレットをもらっただけで完了です。

イベント開始40分前なので、まだ人が集まっていませんでした。10分前にはパンパンになったんですけどね。

パンフレットの中身はこんな感じ。

開通イベント準備中。地元の和太鼓グループと養父市長の挨拶などがありました。やっぷーも来てましたけど写真を撮り忘れてしまいました(゜_゜)・・・(このときに撮ったからOKにします。但馬地方にもえびす祭りがあるのです!【兵庫県養父市】」)

開通イベントの様子【動画】

イベントの様子を撮影してみました。

最初のトンネル「とがやまトンネル」に突入

ウォーキングイベントスタート!ひとつめのトンネルは「とがやまトンネル」です。

トンネル内は東側通行。

地元の子どもたちが寄せ書きを作っていました。

トンネルの残り距離を表示している看板です。

消化器も設置されています。

養父市の作業車両も停まってました。トラックって見てるだけで、なんか萌えません?

センターポールの上部にタコ足のようなヒラヒラが。これが動いて反射板に汚れがつきにくくする(もしくは除去する)ためだそうです。

回転式の反射板もまっさら!正式名称は「視線誘導標(デリネーター、デリニエーター)」。

回してみました。

 

とが山トンネルを抜けた場所の左右の景色です。ここから見える介護施設のおじちゃんおばあちゃんが手を振ってくれました。

小佐川橋の建造詳細プレートです。

道路標識も排気ガスで汚れていないのでピカピカでした。

2つめのトンネル「三谷トンネル」前で折り返しました

次のトンネルは「三谷トンネル」なんですが、最初の予定通り、ここで折り返します。

幼稚園児の次男坊のほうが、「トンネルばかりで面白くない」と言いはじめていたので、ここまでの予定にしておいて正解でした。

復路の様子

往路はすごい人だったんですけど、復路はガラガラ。

スタート地点に戻ってきました。

センターポールがまだ設置されていない穴。マニアにはたまらない状態だと思うんですけど、どないでしょ?

受付で抽選会があったのですが、参加賞でした。ひきが弱い(゜_゜)

ちなみに、養父市は「国家戦略特区指定」をされているそうです。なんだかエヴァンゲリオンの世界観を感じてしまうフレーズですよね。「NERV(ネルフ)」に対抗して「YARV(ヤーブ)」を作るとかどないでしょ?ガビン。

トンネル内の動画【歩いているシーンのみ】

今回歩いた様子はこんな感じ。ただトンネル内を歩いているだけの動画なので、何の山場もござーません。笑

まとめ

一般の人は、もう二度と歩くことが出来ない場所を歩けたのは、すごく良い経験になりました。こういうイベントって参加してみないと楽しさがわからないものですね。

警備班の人が自転車で巡回していましたが、一般参加者も自転車オッケーなら14km全部走破できたな~と、後から考えてました。レースみたいなことをする人も現れると危険なので、それは実現するのは難しいでしょうけどね。

それから!今回歩いた北近畿豊岡自動車道は、まだ全線開通していないんですね。

「神鍋・氷ノ山IC」以降の道路工事も進行中で、今後、「八鹿日高道路」「日高豊岡南道路」「豊岡道路」が開通する予定になっています。(豊岡市ウェブサイト )そのときもウォーキングイベントは開催されると思うので、また参加したいですね。

ちなみに、「八鹿・氷ノ山」「日高神鍋高原」区間は3月25日に開通するので、そのときには車で走ってみたいと思います。

開通したので車で走ってきた【料金は無料】

3月25日に開通しましたので、早速車で走ってきました。ドライブレコーダーでの撮影です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方
-, , ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2019 All Rights Reserved.