但馬・丹波地方

豊岡の映画館「豊岡劇場」は雰囲気抜群の快適空間でした!

投稿日:

豊岡劇場

少し前の話になってしまうんですが、「アベンジャーズ/エンドゲーム」はどうしても映画館で観たいってことで、但馬地方の映画館の上映情報を検索してみました。

そこでヒットしたのが、今回初訪問した「豊岡劇場」です。

これがまた雰囲気抜群の映画館で、まさに「劇場」という名前がドンズバの空間でした。こんなにゆったりリラックスしながら映画を楽しめたのは、生まれて初めてかもしれません。





豊岡劇場はこんなところ

豊岡劇場

映画館といえば、大きなモールに入っていたり、ビルの中の1フロアにあるというイメージの人が多いと思いますが、豊岡劇場は路面に面した建物一棟なので、存在感が素晴らしい。

映画が上映されるスペースへの入り口も、めっちゃいい感じです(*´∀`*)

豊岡劇場

中に入ると、これまた、なんともナイスな空間が広がっていました。

豊岡劇場

テーブルタイプのこたつ席があったり、足元の前の空間が広くとってある席が複数あったりして、窮屈な思いをせずに映画に集中することができます。

もともと、芝居小屋や劇場として利用されていたものが閉館したのち、「豊劇新生プロジェクト」によって生まれ変わった映画館なので、シネコン系とは異なるコンセプトで営業されているようですね。映画以外のイベントでも利用されているとのことです。

公式サイト

スナック類も充実

劇場を入ってすぐ左側のロビーには、売店が併設されています。

CAFE&BAR「ajito」

こちらは、CAFE&BAR「ajito」という名前のスペースとなっていて、映画を鑑賞しなくても利用可能なんだとか。フリーwi-fiも飛んでいるので、いろいろなスタイルで利用できそうですね。

キャッシュオンデリバリー形式で、お酒も用意されてます。もし近所に住んでいたら、通ってしまうかも。

今回は、映画を観ながら飲食するということで、コーヒーとポップコーンとクランブルを購入しました。(クランブルは右端の紙袋に入ってます)

CAFE&BAR「ajito」

  • コーヒーMサイズ:300円
  • ポップコーン塩バター味:400円
  • クランブル:50円

映画館内では、テーブルがある席に陣取って、こんな感じでセッティングすることができました。

CAFE&BAR「ajito」

豊岡劇場でのランチなら「VIA DRITTO(ビアドリット)」

VIA DRITTO(ビアドリット)

豊岡劇場の1階にあるレストランです。劇場に入らなくても利用できるのが良いですね。

ハンバーグがめっちゃ美味しいお店らしく、映画上映が終わってすぐ入店したんですが(13時前くらい)、もうメニュー全品が売り切れになってました。

こうなると、意地でも食べたくなるのが心情ってもんです。映画を観なくても、ハンバーガーだけ食べにここまで来る決心が固まりました。笑

豊岡劇場の場所

駐車場は劇場の周りに複数あるので、車での訪問も問題ないと思います。もちろん、劇場が満席になって、そのお客さんの全てが車で来たら不足するでしょうけどね。(゜_゜)

・スポンサードリンク・


豊岡劇場の近くにある純喫茶「フレンド」

純喫茶フレンド

google mapより

映画の上映時間まで少し時間があったので、ご近所をちょっと散策た。

そのときに見つけたのが、こちらの喫茶店。レトロな純喫茶という雰囲気に誘われるように入ってしまいました。

モーニングサービスを注文。

純喫茶「フレンド」

常連客が多いようで、ひとりの男性客が次々と来店していました。みなさん、ご高齢だったので、近所のおじいさんたちの憩いの場所になっているのかもしれませんね。

店内はこんな雰囲気です。こじゃれてますよね~(*´∀`*)

純喫茶「フレンド」

サラダとヨーグルトが選べるようになっていたので、ヨーグルトをチョイス。

純喫茶「フレンド」

これで350円はお値打ちですよ~。

アベンジャーズ/エンドゲームは最高だった

んで。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」を見たわけですが、SFアクション娯楽映画としては最高の出来でした。

大人気シリーズということもあって、期待感大だったんですが、その期待を裏切ること無い内容で大満足。おまけのシールもついてきましたし、シニア料金だったし、お得感満載でした。

アベンジャーズ/エンドゲーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方
-

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2019 All Rights Reserved.