但馬・丹波地方

快晴の屋外イベントを楽しみました【竹田城跡 ミュージック桜マルシェ】

投稿日:2021-07-18 更新日:

竹田城跡

雲海に浮かぶ姿が「天空の城のようだ」と評判になり、一気にその名を世間に知らしめた竹田城跡。

2021年4月10日に、「竹田城跡 ミュージック桜マルシェ」と銘打って、屋外の音楽イベントが開催されました。

大学時代の先輩の知り合いが出演されるということで、遊びに行ってきました。

数年ぶりの竹田城跡でしたが、観覧通路なども整備されていて、安心して楽しめる観光地になっていましたよ。

ミュージック桜マルシェよりも、竹田城跡レポートみたいになってしまいましたが、よかったらご覧になってくださいm(__)m





竹田城跡 ミュージック桜マルシェ

竹田城跡 ミュージック桜マルシェ

過去にこういったイベントが開催されていたのかどうかは知らないのですが、屋外での音楽イベント(しかも快晴)となると、テンションもあがりますね!

大学時代の先輩とつながりがあるということで、ソウルソウスさんを目当てに行ってきたんですが、出演時間が急遽変更になってしまい、その後の予定があった僕たちは、結局見ることができませんでした(゜_゜)

までも、何組かの出演者さんを見ることはできましたし、フラダンサーのセクシーなダンスも見ることができたのでヨシとしておきました。笑

ちなみに、出演者さんはこちら。

きゃさりん 佐久間勝浩 ジミー松井道郎
上河内美里
ソウルソウス
中島紅音
=Asking Life= けんたろう!びっくりま~く
773。
Mika&MIDORI
KEIPERO

サポート演奏者

The Islands 
ペロ西島直哉
ジミー松井道郎

フラダンス

Midori

こういう感じでライブが行われてました。(ここはおそらく「北千畳」という場所ではないかと・・・)

ミュージック桜マルシェ

もうちょっと早ければ桜の下でのライブになったんですけどね~。残念ながら「ミュージック桜マルシェ」とはならなかった模様です。

竹田城跡にバスで向かいました

以前、竹田城跡に訪問したときは、観光地として有名になる前だったので、登山入り口にある駐車場に車を停めることができたんですが、現在は関係者専用駐車場になっていました。

竹田城跡

ということで、バス(天空バス)を利用しました。

発着場所は何箇所かあるのですが、今回は山城の郷まで車で行って、そこから乗ることにしました。なぜなら、山城の郷~竹田城跡の運賃が160円で最安値だからです。笑

その他の運賃や運行ダイヤなどは、全但バスのウェブサイトをチェックしてみてください。

山城の郷グランドオープン記念イベント【行ってきた】

竹田城に最も近い大型の休憩所が「山城の郷」です。 道の駅と間違えやすいですが、観光案内などもある休憩所というポジションの施設になっています。道の駅っぽい道の駅じゃない施設ってことですね。笑 本日3月5 ...

続きを見る

車で行けるのは竹田城跡のバス停まで。ここで降車してからは徒歩で登山開始です。当たり前ですがずっと上りなので、ハイキング的な楽しみもありますね。ただ、日頃、運動不足の人にはちょっときついかも。

それでも、舗装された登山道なので、登山靴などは必要なくスニーカーなどの簡単な靴でOKなのは助かります。しっかり歩きたいという人は、竹田駅から徒歩で行けるコースもありますよ。

登山口の入り口にはソフトクリームなどが販売されている小屋もありました。

竹田城跡

途中、緑豊かな景色も楽しめました。4月なので気候も穏やかで最高です。

竹田城跡

「落ちない岩」などもあって受験生にも人気がありそうです。

竹田城跡

中腹駐車場から竹田城跡大手門までの距離表示の看板が、所々に設置されているので、歩く距離の目安になりました。イラストは竹田城跡のキャラクター「たけじぃ」。

竹田城跡

竹田城跡観覧料受付処に到着。

竹田城跡

券売機で観覧チケットを購入します。大人は500円、中学生以下は無料です。

竹田城跡

竹田城跡

パンフレットももらえました。

竹田城跡

ベンチもあるので、ここまで登ってきて疲れて一休みしたいときは休憩できるようになってます。

竹田城跡

もちろんトイレもあります。キレイなトイレでした。

竹田城跡

いよいよ城内へと入っていきます。

竹田城跡

禁止行為は行わないようにしましょうね。

竹田城跡

豆知識もインプット。

竹田城跡

途中、かなり上りがきついところがありますが、危険な場所は無いので子供さんでも心配ありません。

竹田城跡

・スポンサードリンク・


撮影スポットも手軽に行ける

竹田城跡と言えば、有名な雲海写真のアングルがありますよね。秋の早朝にここまで上がってくると、それはもう絶景としか言いようがない景色が広がっていますよ(来たこと無いけど)。

竹田城跡

城内には案内人のスタッフが数人いますので、声をかければ竹田城関係のお話や情報をいろいろと聞かせてくれますよ。

整備された通路は一方通行になっています。かなり歩きやすいです。

竹田城跡

逆走しても罰則があるわけではないですが、混雑時は順路に従うようにしたいですね。

城内で最も高い場所に到着。以前はボロボロの木製はしごを登らなければいけなかったので、そこに行くのはハードルが高かったのですが階段が作られていました。これなら年配の人も安心ですね。

竹田城跡

ちなみに、昔(2008年)の木製はしごはこんなんでした。

竹田城跡

せっかくなので、あちこちで撮影してみました。

竹田城跡

下山していると、地元の焼き肉店「竹田屋」のスタッフさんがパンフレットを配ってました。

竹田城跡

周辺のマップもあるので、観光の参考にしてみてください。

竹田城跡

帰りはこちらからバスに乗りました。

竹田城跡

特に注意喚起の看板などはありませんでしたが、ここも関係者専用の駐車場なのかもしれません。

竹田城跡周辺のランチならここ

竹田城跡周辺でランチを食べるスケジュールを組んでいる人も多いと思います。

今回、バスに乗った山城の郷のレストランでは、八鹿豚のとんかつや但馬鶏の唐揚げ、冬場にはたつの市室津から直送される牡蠣などが楽しめます。

山城の郷
八鹿豚とんかつと但馬鶏唐揚げ【山城の郷】

但馬地方には但馬牛という超絶有名な食材があるのは、御存知の通り。 しかし!美味しいのは牛肉だけではないんです! 但馬鶏や養父市の八鹿豚も、一度は食べてほしい食材なんですよ。 竹田城跡にほど近い「山城( ...

続きを見る


山城の郷
兵庫県室津の牡蠣がうますぎる【山城の郷でランチ】

昨年(2020年)、初めて体験した「山城の郷・牡蠣フェア」があまりに素晴らしかったので、2021年もフェア初日に訪問してきました。 2月になると、もっと大ぶりな牡蠣になるそうですが、1月9日時点でも十 ...

続きを見る

また、竹田駅前の通りには、いろいろなお店がありますので、グルメも楽しめますよ。

電車利用なら駅前、車ならちょっと離れたお店という使い分けも。そば好きなら右衛門吾郎がイチオシです!

右衛門五郎
竹田城を正面に見ながら美味しい蕎麦を堪能できる【右衛門五郎】

蕎麦が大好物なので、皿そばで有名な出石まで1時間かからないところに住んでいるのは、大いなるメリットです。 しかしながら、出石まで行かなくても20分圏内でも美味しい蕎麦を食べれるお店があるんですね。 そ ...

続きを見る


炭火焼ダイニングバー がじょ
炭火焼ダイニングバー がじょのランチ

竹田城跡を見たあとは、「竹田駅周辺でランチでも食べようかな」ということになると思います。 そんなとき、ぜひ訪れてほしいのが「炭火焼ダイニングバー がじょ」です。 日本のマチュピチュを見たあとは、中南米 ...

続きを見る


ランチ&バル 凱
竹田城下町で洋食ランチ【ランチ&バル 凱】

ここ最近は、朝来市~養父市~丹波市の店を開拓するのが楽しみになっているのですが、よくよく考えたら竹田駅周辺のお店はノーチェックだったことに気づきました。 朝来市の有名スポット・竹田城下で、但馬地方の観 ...

続きを見る

まとめ

久しぶりに訪問した竹田城跡でしたが、通路などが整備されていて、観光地としてのレベルが格段にアップしてました。

平日はどうかわかりませんが、祝祭日にはガイドさんも常駐しているようなので、竹田城の歴史を学ぶこともできると思います。

周辺には食事が楽しめるお店もたくさんありますし、少し足を伸ばせば生野銀山や神子畑選鉱場跡などの観光スポットもあります。

秋にはお城まつりが開催されていて、竹田駅周辺が盛り上がるんですよね。(2021年度はコロナ渦で中止される可能性あり)

わだやま竹田城お城まつり 2018【行ってきた】

今年で19回を数える「わだやま竹田お城まつり」に、今年も行ってきました。 今年は「天空の城音楽祭」は開催されず、イベントの場所も竹田駅前周辺のみになっていたので、屋台も昨年よりは少なめの出店でした。 ...

続きを見る

個人的には、近くにあるAコープという農協系のスーパーで、但馬牛を購入してお土産代わりにするのがおすすめです。

街中ではかなりお値段のはる但馬牛ですが、地元だけあって「こんな値段で買えるの?」と驚くことになると思います。

岩津ねぎや朝倉山椒などの名産品もありますし、クーラーボックスを持参して、日本海でとれた魚介類も買い込んで帰ってほしいですね。

道の駅よりもお得に食材を買うことができますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方
-

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2021 All Rights Reserved.