保湿スキンケア ライフハック

【汗かぶれ・あせも】汗をかく機会が減ったせいで、汗をかくと痒くなってきた

投稿日:2018-07-01 更新日:

汗かぶれ・あせも

学生時代はずっと運動部だったので、毎日ナイアガラの滝の水量くらいの汗をかいていたんですね。

でも、その頃に「あせも」とか「あせかぶれ」になった記憶はないので、皮膚の常在菌の状態も良好で、健康的な皮膚に保つことが出来ていたんだと思います。

ところが、社会人になってめっきり汗をかかなくなってから、あせもや汗かぶれで痒くなることが増えてきました。

そのせいで、今では梅雨時期から夏明けまでの期間が、大きなストレスを感じる時期になってしまっているんですよね~。

今年は、そういった状態を少しでも軽減しようと、市販薬をあれこれ買って試してみることにしました。




特にかゆいのが背中

一般的に、汗を多くかく場所が痒くなるのが汗かぶれやあせもの特徴だと思うんです。

僕の場合は、背中の上半分がその場所。

首の付根の下あたりから、肩甲骨の上も含めて、背中にあせもができやすいんですね。

これが結構かゆいので、全体的にまんべんなく塗ることのできるジェルを使うことにしました。

ユースキン薬用あせもジェル

肌に潤いを与えることで汗の刺激を防ぐというコンセプトの製品です。

ユースキン薬用あせもジェル

要するに、肌の保護膜がしっかり機能していれば、外部刺激にも対応できるということですね。

体の内側から出た汗が外部刺激というのもおかしな話しですが、一度体外に出て肌表面に張り付いた汗は、外部からひっついてきたものと同じ扱いとして肌は反応するんでしょう。

「桃の葉・アロエ・しその葉エキス」でしっかりと潤いを与えるようになっています。

ユースキン薬用あせもジェル

ユースキン薬用あせもジェル

ジェルなので、少量で伸びてくれるので、非常に使いやすいです。

薬用とはいえ、基本的に保湿ジェルなので、即効性はない気がしますね。風呂上がりに塗っておくとベトつかずに保湿してくれるので、夏場に使うのには最適だと感じました。

ユースキンあせもクリーム

ジェルは背中全体の広い範囲に使用していますが、このクリームはピンポイントであせもがひどいところや、汗かぶれでかゆいところに塗布しています。

ユースキンあせもクリーム

ステロイドは入っていませんので、たっぷり使うこともできますし、1日に何度も塗布できるのがいいですね。

ユースキンあせもクリーム

僕の場合は、ちょっとムズムズするなと思ったら、すぐにこのクリームを塗るようにしています。

劇的に痒みがあさまるわけではないですが、なんとなくマシにはなるかな?という感じですね。

ペルミナースUFクリーム

接客してくれたコスモス薬局の薬剤師さんも使っているというクリーム。

他のあせもや汗かぶれ製品よりも、ちょっとお値段が高め(1,680円)な分、かなり効果があるようです。

ペルミナースUFクリーム

ペルミナースUFクリーム

実際に、妻が首の後ろにできた汗かぶれに塗ったところ、すぐに改善していました!

ステロイド系ではないのに、即効性があるのはすごいですね。

ユースキンあせもクリームでは物足りないという箇所に使っていますが、やはりこちらのほうが痒みが収まっているという実感があります。

パラベンが入っているのが気になるところですが、とくに刺激は感じないのでオッケーです!

ペルミナースUFクリーム

・スポンサーリンク・


頭皮湿疹の対策はこの2製品

背中には汗かぶれとあせもができているんですが、後頭部の下半分~襟足には頭皮湿疹が出来てかゆいんですよね~。

体の後ろ半分だけに痒みが出ているのは、なにか原因があるような気もしているんですが・・・・。

とりあえず、皮がめくれてフケのようになるのも困っているので、頭皮湿疹対策もやっています。

ユースキントーヒル

ユースキントーヒル

液状なので、髪の毛をかき分けて幹部に塗布することができます。

メントールが配合されているので、つけたあとヒンヤリするのが気持ちよかです。

ユースキントーヒル

塗り続けていくと、最初はぶ厚めの皮がめくれていたのが、だんだんと薄い皮に変化していきました。

治っている途中だからとは思うんですが、ちょっと触るだけで粉のように頭皮がはがれていくので、自宅にずっといる人以外は、日常使いするのはきついかもしれません。

たぶん、服とかにめくれた皮がつく可能性が高いでしょうし。

頭皮湿疹ができ始めた頃にサクっと使うのが良さそうな気がしますね。

メディクイックH・頭皮のメディカルシャンプー

薬を使うだけでなく、シャンプーも痒みを防ぐタイプのものを使ってみようと、これを買ってみました。

メディクイックH・頭皮のメディカルシャンプー

いかにも薬用というニオイはしないので、普段遣いのシャンプーとして使えるのが助かります。

洗い上がりはメントール系のすっきりした感じになります。なので、絶対に目に入らないように洗ってくださいね。でないと痛い目にあいますよ~。笑

メディクイックH・頭皮のメディカルシャンプー

有効成分はこの2つ。

有効成分

  • ミコナゾール硝酸塩:抗真菌作用
  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用、抗アレルギー作用

メディクイックH・頭皮のメディカルシャンプー

コンディショニング成分配合にはなっていますが、リンスやトリートメントを使わないと、髪の毛はギシギシになってしまうので注意。

メディカル系のトリートメントがあれば、使いたいんですけど、「オクト」や「バルガス」などのリンスがあるくらいなんですよね。

頭皮湿疹が完治するまでトリートメントは使わないか、オーガニック系のものを試してみるか・・・迷うところではありますね。

まぁ、頭皮湿疹を治すことを最優先としたいので、髪の毛のギシギシは我慢するのが一番なのかも。

頭皮湿疹にはメントールがよくない場合もあるそうなので、2週間ほど使ってみて改善が見られないときは皮膚科を受診しようと考えています。

まとめ

僕の体におきている、汗かぶれやあせもと頭皮湿疹は、両方同じ原因だと思うんですよね。

アレルギー体質ということもありますが、食生活やストレス、生活習慣などが影響している可能性は高いと感じています。

特に「冷え」を感じると悪化する感覚があるので、季節の変わり目には注意する必要があります。

夏場にもシャワーで済まさずに、できるだけ湯船につかるとか、クーラーで冷えないように工夫するとか、冷たいものばっかり飲食しないなども心がけておくほうがベターです。

あと、汗をかいたらこまめにシャワーするのが大事らしいですが、自宅で仕事をしていない限りそれは難しいので、ノンアルコールの汗拭きシートなどを活用したいところです。

かゆいのは本当につらいので、塗り薬だけではなく、生活全体を見直すことが体質改善には重要なポイントになりますね。まぁ、これが一番難しいわけですけど。(゜_゜)

あわせて読みたい

あせも・皮膚炎対策の手作り化粧水【簡単に作れます!】

あせも・皮膚炎対策の手作り化粧水【簡単に作れます!】

皮膚科で処方してもらった「あせも・皮膚炎対策ローション」が、非常に使い心地が良く、 「手作りで似たようなローションを大量に作れば、低コストで済むのでは?」 と思って、作ってみることにしました。 ・スポ ...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-保湿スキンケア, ライフハック
-, , ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.