ライフハック

疲れが取れるマットレス【RISE~ライズ】

投稿日:

RISE~ライズ

20歳のころに、椎間板ヘルニアと坐骨神経痛を発症。

現在は左膝の打撲が完治してないのと、右肘の関節炎で痛みがあるのがデフォルトな状態に悩まされています。

おまけに、1日中立ちっぱなし、動きっぱなしの仕事なので、「いかに睡眠時間に疲れをとり、しっかり休息するか?」ということが重要なポイントになっているんですね。

今まで使っていたニトリの敷布団だと、寝起きに起き上がるのも辛くなってきたので、体に負担がかからない敷布団を使わないとダメやなと思って、高機能マットレスを購入することにしました。

いろいろ調べた結果、選んだのが「RISE」の折りたたみできるマットレス。熟睡度アップ、疲れの取れ方アップで大満足です(*´∀`*)





評判の良いマットレスを比較して選んだのが「RISE」

「疲れがとれて、腰や肩、肘た膝の痛みが軽減される寝心地」だと評価されているマットレスを、あれこれチェックしてみました。

畳の上に敷けるタイプ限定で、ピックアップしたのは下記の製品です。

  • エアウィーヴ
  • トゥルースリーパー
  • フランスベッド ラクネスーパーBOX
  • コアラ・マットレス
  • ゼロキューブマットレス
  • オクタスプリング
  • エアツリーマットレス

それぞれの特徴はここでは割愛しますが、最終的に、

高反発(低反発は夏場に蒸れるのと、自分には合わないので)
丸洗いできる
3つに折りたたむことができる

という3つの条件に合致したのが「エアウィーヴ スマート」と「RISE スリープオアシス」でした。

んで、性能的にそれほど差異がなさそうということと、「エアウィーヴ スマート」が49,500円 (税込)、「RISE スリープオアシス」が29,990円(税別)という値段からRISEを購入しました。

やっぱり値段は大事。笑

RISE スリープオアシス

RISE スリープオアシス

RISE スリープオアシスをレビュー

購入にあたって必須条件にしていたのが、

1.高反発
2.丸洗いできる
3,3つに折りたたむことができる

だということは先程書きましたが、それぞれの条件にどのように合致しているのかをチェックしていきましょうかね。

送料無料!健康睡眠のライズで高品質・適正価格の寝具で質の良い睡眠を【ライズの寝具】

まずひとつめの「高反発」。

公式サイトによると、

硬度の高い新次元高反発素材「3次元構造 高反発ファイバー」を採用。体圧を均一に分散することで自然な寝姿勢を保ち、スムーズな寝返りで熟睡をサポートします。季節やお好みに合わせて使えるリバーシブルカバーは丸洗いOK、L字ファスナーで取り外しも楽々。中材まで水洗いできる清潔仕様と抗菌防臭加工で安心です。

という説明がされているのですが、まさに「疲れをとるためには最適なマットレス」だと思います。

実際に初めて寝た日の熟睡度はかなりのものでしたし、高さがあるぶん、起き上がるときも普通の敷布団より楽でした。

使い始めてすぐに体が楽になるというのは、どんな製品でも不可能だと思いますが、少なくとも1週間寝てみて「確実に疲れの取れ方がアップしている」と感じています。

ふたつめの「丸洗いできる」。

マットレス本体はこういう素材になっています。(画像は公式サイトより)

RISE スリープオアシス

お風呂場に持ち込んで、シャワーをかけてジャバジャバと洗えるので、めちゃくちゃ衛生的なのが良いですね。もちろんダニなどの発生も抑制されるのは間違いありません。

注意点としては、素材のポリエチレンは大変熱に弱いので、暖房器具、布団乾燥機は使えないということですね。ここだけはしっかりと抑えておきたいです。注意書きを読むのを忘れずに!

RISE スリープオアシス

みっつめの「3つに折りたたむことができる」。

RISE スリープオアシス

これも公式サイトからお借りした画像ですが、このように3つに折りたたむことができます。和室で寝ていると布団をあげたいものですが、3つ折りできるだけで押し入れにも収納しやすいですよ。

ただ、約7.8 Kgあるので、ちょっと重いですけど(゜_゜)

折り目が寝心地に影響することはありませんので安心してください。

・スポンサードリンク・


リバーシブルで使える

カバーの表面素材の仕上げが異なるので、夏と冬で快適に使えるようになっています。

【夏に使う面】

RISE スリープオアシス

【冬に使う面】

RISE スリープオアシス

冬場はあったかシーツを敷いて寝るので、素材感はあまり関係ないかも。笑

RISE スリープオアシス

ちなみに、シングルタイプのサイズは「100cm×200cm×5cm 」です。高さは、ちょうどティッシュペーパーの箱と同じくらいですね。

RISE スリープオアシス

サイドはメッシュになっているので、通気性も良さそうです。

RISE スリープオアシス

その他の特徴

重量: 約 7.8 Kg
その他仕様:抗菌防臭加工カバー YKK L字ファスナー

送料無料!健康睡眠のライズで高品質・適正価格の寝具で質の良い睡眠を【ライズの寝具】

まとめ

実は、通販でこの製品を購入する前に、しまむらとのコラボ製品(1万円くらい)を発見していて、一瞬そちらを購入しようかなと心が揺れたんですが、

「いやいや、疲れをしっかりとって、体の痛みを軽減できる可能性が高い方を買うべきや」

と思い直して、「RISE スリープオアシス」を購入しました。

しまむらとのコラボ製品が良くないというわけではないですが、あとあとイマイチだと感じてしまったときのことを考えたわけですね。

結果的に、値段は3倍くらいしたけど、エアウィーブより1万円以上安かったわけだし、結果オーライかなと。寝心地も上々で満足していますしね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ライフハック
-

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2019 All Rights Reserved.