書籍

ワンピース85巻を読みました【レビューします】

投稿日:2017-05-03 更新日:

発売日を首を長くして待っていた「ONE PIECE 85巻」。

5月1日に新刊がリリースされたので、その感想などなどを。

ネタバレ注意です!

いきなりネタバレするので、まだ読んでない人はご注意を!

いや~、やられました~!

84巻で、プリンが涙を流しながら、ルフィとナミに「さよなら」を告げたあのシーンを見て、

「まさか、サンジと結婚しないために自らを犠牲にして崖から身を投げるとかじゃないよな?」

とハラハラドキドキしてたんですけど、とんでもなかったです。真実を知って衝撃受けまくりです。

僕の中では、サンジと結婚したプリンがビッグママの元から逃げて、麦わらの一味のパティシエになる可能性もあるなとか考えてたんですけどね。大外れでした(゜_゜)

本当に予想外の展開で、ワンピース全ストーリーで、ここまで大どんでん返し的なものを感じたのは今回が初めてと言っても過言でありません。それほどプリンにはやられた感でいっぱいです。

前巻までは、「こんなに健気で可愛い女の子がビッグマムから生まれるなんて、神様はちゃんといるんだな~。まさに救いだな~。」とまで思ってましたからね。

それがあの邪悪な表情と憎らしい口調に変化して、それが本性だったとは・・・ショック受けまくりです。女ってコワイ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

まぁ、代わりにレイジュの素敵度がさらにアップしましたから、女性がコワイ件については、行って来いのチャラなんですけどね。笑

伏線回収スタート

85巻は、サンジの結婚式を明日に控え、今まで伏線を敷いてきたものがいよいよ回収される段階にはいったようで、結婚式前の一騒動が描かれていました。

ビッグマムが計画している結婚式の真の理由やジンベイの登場、ペドロの過去やブリュレの能力を利用した反撃などなど、これでもかというくらい盛りだくさんな見せ場が用意されています。

タマゴ男爵もあんな風に変化していくのはナイスな設定です。(まさにタマゴの特性を完全に活かしたキャラですね。)

個人的にはブルックのひょうひょうとした感じが大好きで、今回もものすごい重要任務をやり遂げたのにもかかわらず、特に大変だった素振りを見せないあたりがクールすぎです!

ナミさんも、彼の労をねぎらってパンツくらい見せてあげたらいいのに。(゜_゜)

86巻はどうなる?

次の86巻から数巻に渡ってビッグマムとの直接対決が展開されると思うんですけど、玉手箱が大きなポイントになるのは間違いないと思います。

でも、多くの読者がその予想をしていると思うので、作者の小田さんがその予想をどうやって越えていくのかにもすごく興味がありますね。年をとる煙がでてきてママたちがヨボヨボになるっていうオチじゃあ、誰も納得しないでしょうし。笑

あと、ビッグマムとの戦いに勝利すると仮定して、そのあとにはプロメテウスとゼウスがナミの支配下に下るっていうのもありかも?

これから残りの四皇との対決を控えてさらなるパワーアップは必須ですから、彼らなら強力な武器になること間違い無しですし。まぁ、ママのソウルで動いてるとのことなので、そのあたりはどうなるかっていう問題もあるんですけど。

おそらく次巻は3ヶ月後の8月初旬に発売になると思うので、夏真っ盛りに手に汗握りながら読み進めることになりそうです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-書籍
-, , ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.