ライフハック

【お守り】自宅で処分してみた

投稿日:

お守り

本来、お守りというのは、1年たったら、神社やお寺など、お守りを入手した場所の「古札お納め所」などに返納するのが基本なんだそうです。

そりゃあそうですよね。

お礼参りもかねて、きちんとしておくべきなのは礼節にもかかわることですから、おざなりにするべきではありません。

ただ、いろんな人からいただいたりしていると、どこの神社やお寺のお守りなのかが曖昧だったり、自宅から遠すぎて足を運べないということもあります。

そこで、古くなったお守りを自宅で処分する方法はないかな?と調べていたところ、その方法があることを知りました。

実際に手順に沿ってやってみましたので、参考になれば幸いです。




お守りを自宅で処分する手順

お守りを自宅で処分する手順を写真でご紹介しますね!

用意するもの

  • 粗塩
  • 半紙(なければコピー用紙でも可)

粗塩

やりかた

今回は半紙がなかったので、コピー用紙を使用しました。

まず、コピー用紙の上に古くなったお守りを置きます。

お守りを自宅で処分する手順

その上から、粗塩をひとつまみふりかけます。

お守りを自宅で処分する手順

お守りを自宅で処分する手順

今までの感謝の気持ちを思い浮かべつつ、コピー用紙で包みます。

お守りを自宅で処分する手順

あとは、燃えるゴミとして処分すればOK。

処分したいお守りが複数ある場合、1枚のコピー用紙(半紙)にまとめて包むのはどうなのかな?と思ったので、お守りひとつにつき1枚のコピー用紙で包むようにしました。

お守りを自宅で処分する手順

お守りを自宅で処分する手順

状況が許せば、燃えるゴミとして出さずに、燃やしてしまうのも良いとのことです。

まとめ

知らない間に増えていくのがお守りですよね。

交通安全、家内安全、安産祈願、念願成就、健康祈願、商売繁盛などなど、人間って神様仏さまにお願いばっかりしているんだなと、改めて思ってしまいます。

お願いばかりしておいて、あとは放置というのはムシが良すぎる話しなので、きちんと感謝の念をこめて処分したいものですね。

以前から、どのようにお守りを処分すれば良いか気がかりだったのですが、今回ご紹介した方法であれば、安心して、しかも手間をかけずに処分することができます。

タンスの奥に長い間しまったままのお守りも、お役目を終えることができて、安心してくれるのではないかと、勝手に考えているところです。

今回、お守りの自宅処分にあたっては、こちらのページを参考にさせていただきました。ありがとうございますm(_ _)m

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ライフハック
-

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.