但馬・丹波地方 グルメ

本格インド料理ナマステでランチ【朝来市和田山】

投稿日:2017-09-13 更新日:

インドで使われているのはサンスクリット語なんだそうですが、他の言葉は知らなくても「ナマステ」という言葉は広く世間に浸透してますよね。

「こんにちは」という意味なので認知度が高いと思うのですが、それこそ小学生でもカレーを食べるときに意味もなく「ナマステ~」とか言ってたりします。笑

そんなおなじみの言葉を店名にしたインド・ネパール料理店が和田山にあります。

・スポンサードリンク・

ナマステ和田山店

こちらは、豊岡、福知山、京丹後、鳥取などに店舗を構えるチェーン店。(須磨のナマステカレーハウスとは関係ないそうです。)

お手頃価格でインド料理を食べることができるのが嬉しいですね~。

店内はこんな感じ。

お昼にはちょっと早い時間に伺ったのですが、ランチはちゃんと注文できました。メニューです。

Cセットを注文

選んだのはCセットで、日替わり(この日はじゃがいもとおくら)カレーとチキンカレーをチョイス。ドリンクはラッシーにしました。

サラダとライス、チキンティッカとチキンマライティッカがついてきます。

そしてナンが大きい!!

これがラッシー。

カレーの辛さ

カレーは「甘口・普通・中辛・辛口・激辛」の中から選べて、僕は「普通」にしました。

んが。子供向けくらいの辛さで全く物足りなかったので(カレーの王子様レベル)、辛口でも十分いけると思います。たぶん、10倍とか20倍の辛さを求めるひとには全然物足りない辛さなんじゃないでしょか。

ランチメニューはしっかりボリュームがあって、味も美味しかったので大満足です。

ひとつだけ減点項目があるとしたら、サラダにつけるドレッシングがなく、食べ終わった頃に「スイマセン、ワスレテマシタ」とインド人のウェイターさんが持ってきたことですね。

すごく申し訳無さそうな表情だったので、大きな心で許してあげましたけどね。笑

割引券ももらえる

サイドメニューも豊富で、飲み放題や食べ放題のプランもあって、大人数で来ても楽しめそうなお店です。

店員さん全員がインド人(ネパール人?)なので、日本語は決して流暢とはいえないですけど、オーダー関係はちゃんと通じるので安心です。

精算したときに、割引券つきのパンフレットをくれました。

実は、ここから数百メートル離れたところにも、新しくインド料理店ができているので、今度はそちらをチェックしに行こうと考えています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方, グルメ
-, ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.