但馬・丹波地方 グルメ

和牛100%炭火焼きハンバーガー「MOMIJI」

投稿日:2019-09-22 更新日:

momiji

ここ数年、1,000円オーバーのプレミアムハンバーガー店がちょこちょこオープンしてますが、朝来市和田山にも「但馬牛を使ったハンバーガーショップ」が登場しました。

その名も「MOMIJI」。

精肉店や焼肉店での勤務経験のある、知識豊富なマスターが、備長炭でパティを焼いてサーブしてくれるお店です。

リーズナブルな料金で、肉本来の旨味が楽しめるのが最高ですよ!





肉の旨味を引き出すハンバーガー

こちらのお店のポリシーは、

マヨネーズ、マスタード、バーベキューソース、タルタルソースなどを一切使わず肉の旨味を引き出すハンバーガーを追及する

というものだそうで、和牛100%炭火焼をセールスポイントにされています。ちなみに使用しているのは備長炭!

三宮にあるフレンチレストランの「レストラン パトゥ」の山口シェフのアドバイスも入っているとのことで、そのクオリティは大都市のプレミアムハンバーガーショップにも負けていません。

僕たちが訪問した時点では、2種類のハンバーガーがメニューにラインアップされていました。

momoji2種類のハンバーガー

・華咲もみじバーガー

  • 1枚肉(もも肉)に細かな切込みを入れている
  • 但馬経産牛100%

・もみじバーガー

  • 但馬経産牛の5種類の部位をブレンド

ブレンドの具合はマスターの自信作らしく、「次回にご来店の際は、ぜひ食べてみてください」と勧められました。

両方のメニューに、トッピング的に「プレーン、チーズ、ベーコン、ベーコンチーズ」が用意されています。

素材などの仕入れ店情報もメニューに掲載されていました。こういう気配りは安心できるのでありがたいですね。

momoji仕入れ店情報

今回は、華咲もみじバーガーのプレーンとチーズを注文しましたよ。

華咲もみじバーガー(プレーン・税込み1,080円)

華咲もみじバーガー

細かな切れ込みが入っているので、小さなお子さんも、入れ歯のじいちゃんばあちゃんも噛み切りやすい!笑

もも肉使用ということなんですが、いつかロースバージョンもメニューに加えてほしいですね。(ハンバーガーにするのはムツカシイかも?)

華咲もみじバーガー

じゃがいものスープとサラダもついてきます。ドレッシングも、ごま油を使っていて、かなり美味しいです(*´∀`*)

華咲もみじバーガー(チーズ・税込み1,188円)

華咲もみじバーガー

華咲もみじバーガー

美味しいと地元で有名な「ほくぶ」さんの肉を使用しているので、やっぱり旨味が違いますね。パティの追加は500円です。

バーガーの包袋紙(ワックスペーパー)も用意されていましたので、僕はこれに包んで食べることにしました。

バーガーの包袋紙

バーガーの包袋紙

モスのように、ソースが垂れてくることはないので、無くても食べやすいんですけどね。笑

ちなみに、コーラはやっぱり瓶がうまい!!!

瓶コーラ

店名がMOMIJIなのでバンズもピンク

「なんでMOMIJIっていう屋号なんかな?」と思ってたんですが、どうやらバンズの色と関係があるようです。

この画像で見るとわかるように、バンズがピンク色をしているんですね。

ピンクのバンズ

試行錯誤して、紅麹を使うという結論に落ち着いたそうです。

・スポンサードリンク・


MOMIJI店内の様子

入り口の右側と左側にテーブル席が用意されています。

momoji店内の様子

momoji店内の様子

タバコを吸う人には、お店の外に灰皿が用意されていました。

momoji
(撮影している姿が写り込んでますが、スルーしてくださいw)

メニューも牛革を使用。

momojiメニュー

レシートをはさむクリップも牛革製品でした。こだわってるし、可愛いですよね。

レシートクリップ

まとめ

momoji

値段も良心的で、三宮とかなら絶対に1,500円以上するだろうなとレベルのハンバーガーが、約3分の2の値段で食べることができます。

なんと言っても但馬牛使用ですからね。臭みなんて皆無ですし、和牛本来の旨味がしっかり堪能できる逸品に仕上がっていました。

話は変わるんですが、マスターが、和牛の川西さんになんとなく似ていて、「それで和牛ハンバーガー店をオープンしたのかな?」とか思ってしまいました。笑

あと、ウェイトレスのお姉さんの鼻がめっちゃ高く、欧米人のようでしたよ。(どこ見とんねんw)

営業時間:11時~19時(売り切れ次第終了)
住所:朝来市和田山町土田27
Tel:079-672-3900
定休日:月曜日

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方, グルメ
-

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2019 All Rights Reserved.