電化製品 TV番組・映画 グルメ

低温調理器で【激ウマ】のローストビーフと鶏肉料理と魚料理を作る!

投稿日:2018-03-26 更新日:

3月13日放送の「スッキリ」で、低温調理器を使ったレシピが紹介されていました。

レストランなどで使われている低温調理法が、家庭でも「ボタンを押すだけ」で出来てしまうというマジック!

しかも、仕上がりはプロの料理人並みに!今ではかなりの人気になっているようで、大手家電量販店にも、低温調理器のコーナーが設置されています。

肉や魚を低い温度で調理することで、食材の旨味を引き出すこの調理方法はかなり注目されていて

  • ローストビーフ
  • テリーヌ
  • コンフィ

などなどの難しい料理が簡単に作れると話題になっているんですね!

・スポンサードリンク・


低温調理器「BONIQ~ボニーク~」を使ったレシピを紹介

低温調理という料理方法を知っていても、家庭では温度を一定に保つのが非常に難しく、そのせいで諦めていた人も多いはず。

ところが、低温調理器「BONIQ~ボニーク~」(21,384円)が発売されたことで、手軽で簡単に低温調理ができるようになったんですね~。

そんな低温調理器「BONIQ~ボニーク~」を使ったレシピが、「スッキリ」で紹介されていました。

実際に調理を担当したのは、料理研究家の水島弘史さんです。

水島弘史さんの著書

「水島シェフのロジカルクッキング」
「強火をやめると誰も料理がうまくなる」
「野菜炒めは弱火で作りなさい」

メモ

過去に何度もテレビで水島弘史さんの料理方法を見て、「温度」と「調理時間」で出来上がりの味が全く違うことを知り、実際にそのとおり作ってみると、レストラン並の味になったことに衝撃をうけたことがあります。

今回の水島弘史氏の名言:「火が通るというのは体温と一緒。決まった温度を超えると人間は死んでしまう。それと一緒。」

低温調理器でローストビーフを作る

まず、低温調理器の実力をチェックするために、牛肉を使った有名料理「ローストビーフ」が作られました。

メモ

ローストビーフ:一般的な調理方法では、出来上がるまで火のとおり具合がわからないので、難しい

材料

  • 牛もも肉ブロック:250g
  • 塩:適量
  • こしょう:適量
  • オリーブオイル:大さじ1
  • ローリエ:1枚

作り方

  1. 鍋に低温調理器をセット
  2. 食材が浸かるくらいの水を入れる
  3. 低温調理器を「60℃ 90分」に設定しスイッチオン

低温調理器が水の温度を上げている間に、

  1. 牛もも肉ブロックに塩、こしょうをする
  2. 強火にかけたフライパンで表面をさっと焼く(殺菌するため)
  3. ジップロックに肉と、香り付けのローリエを入れて、ジップロック内の空気を抜く

低温調理器が設定温度になると、ピー音で知らせてくれるので、ジップロックに入れた肉を鍋に投入する。

メモ:60℃の理由

・肉に火が通って、固くならない状態に仕上げることができる温度だから
・肉や魚は60℃を越えるとたんぱく質に変化するため、身が固くなり始める

出来上がり

90分後、肉汁が出てきている状態で、ちょうど良い仕上がりになっている
断面も美しい
ジューシーで柔らかな食感

水島シェフも「家庭でこのレベルなら十分!」と合格点を出していました。

低温調理器 普及キャンペーン by BONIQ

低温調理器で鶏胸肉を料理する

鶏胸肉と言えば、最近は低糖質ダイエットに最適な食材として注目されていますが、パサパサになることが多いので調理しにくい食材です。

これを、低温調理器を使って、やわらかくしっとりした状態に仕上げていきます。

作り方

ジップロックに下記の具材などをすべて入れます。

  1. 塩、こしょうした鶏胸肉(皮は取り除く・300g)
  2. ごま油(大さじ1)
  3. 生姜の皮
  4. 白ネギの青い部分

牛肉と同じように、低温調理器を「60℃ 90分」に設定し調理開始。

出来上がり

やわらかく、しっとりした状態に仕上がるのでパサパサ感なし!言わなければ鶏胸肉とはわからないくらいですよ。

低温調理器で魚を料理する:メカジキのふわふわソテー

ここから、水島弘史さん考案のオリジナルレシピが紹介されました。

材料

  • メカジキ:1切れ
  • 塩:1g
  • コショウ:適量
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 小麦粉:10g

ソースの材料

  • ミニトマト:50g(5個)
  • ワインビネガー:10g
  • オリーブオイル:10g
  • ディル(香草):1本
  • 塩:1g
  • 砂糖:2g

作り方

  1. メカジキに塩、こしょうし、小麦粉につける(※小麦粉は薄く均一につける(女性のベースメイクと同じ)・水分蒸発を防ぐ)
  2. フライパンで表面をさっと焼き、殺菌し、ジップロックにいれておく

ソースの作り方

  1. 別のジップロックに、ミニトマト、ワインビネガー、オリーブオイル、ディル、塩、砂糖(少々)を入れる
  2. 低温調理器の温度を58℃に設定し、メカジキとソースを入れたジップロックを同時に15分加熱する
  3. 15分たったら、メカジキを取り出し、温度を65℃にあげ温め終わったらOK

メカジキにソースをかければ完成です。

メモ:58℃の理由

魚は肉に比べると少し早く固くなるから、2度温度を下げておく

出来上がり

高級フレンチのような仕上がり
パサパサしがちなメカジキも、脂が乗ってふわふわの味わいになる

低温調理器 普及キャンペーン by BONIQ

低温調理器で野菜を料理する:野菜の新食感マリネ

メカジキに続いて、野菜を使ったオリジナルレシピです。

低温調理器を80℃・30分に設定
火が通っているのにシャキシャキを実現できる(生からちょうど火が入るギリギリのライン)

メモ

野菜は92℃を越えると食物繊維が破壊されやわらかくなる

材料

  • 小松菜:小一株
  • パプリカ:1/4個
  • カブ:1/4個
  • ズッキーニ:1/3個
  • エリンギ:1本
  • マッシュルーム:3~4個
  • 塩:3g
  • 砂糖:9g
  • ワインビネガー:15g
  • オリーブオイル:20g
  • コリアンダー:10粒

作り方

  1. それぞれの野菜を適当な大きさにカット
  2. 調味料とともにジップロックにいれて加熱する
  3. 粗熱をとり、冷蔵庫で一晩冷やし、味をなじませる

出来上がり

温めたのにシャキシャキとした新鮮な野菜の食感が残っている
レストランでしか食べれない料理レベルになっている

売れ筋の低温調理器

海外で人気に火がついた低温調理器ですが、日本国内でもじわじわと購入者が増えているようです。

人気の低温調理器はこちらです。

BONIQ ボニーク

Anova/アノーバ Precision Cooker

ROOMMATE ビストロ・リッチ

まとめ

以前から、調理温度の管理を徹底するだけで出来上がりが全く違うということは理解してたんですけど、膨大な手間がかかるのがデメリットだったんですよね。

ひとつの鍋とかフライパンにかかりっきりになれるなら良いんですけど、同時進行で複数の料理を作っていると、それはほぼ不可能ですし。

でも、低温調理器があれば、下準備をすれば良いだけで調理はすべてマシーンにお任せなので、めちゃくちゃ便利です。

「野菜の新食感マリネ」のようなレシピなら、風呂に入っている間に調理をしておけるので、効率よく時間を使えるのもナイスです。

火を使わずに湯煎するだけなので、目を離しても危険性は非常に少ないですし(小さいお子さんやネコがいる家庭では注意が必要ですけどね)、料理好きには使い勝手がすごく良い調理家電だと思います。

価格的には2万円前後のものが売れ筋だそうですが、料理教室に通わずに「温度と時間を設定してお湯につけるだけ」で料理がプロ並みになるなら、めちゃくちゃコスパは高いですね。

この調理方法に欠かせないシップロックも、コストコなどで安く大量に買っておけば、毎日の料理がかなり楽になりそうです。

ただ、調理に時間がかかるというデメリットもあるので、低温調理器をどのよういに使うかだけは考えておいたほうが良さそうですね。手間をかけずに放置して美味しいものを作るための低温調理器なので、使い方の工夫は必要だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-電化製品, TV番組・映画, グルメ
-, ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2019 All Rights Reserved.