ライフハック

外出時の必需品【虫除けスプレー】

投稿日:2017-06-10 更新日:

「血は欲しいだけ上げるから、痒くなる成分を注入して去るのはやめてくれ~!」

過去に蚊に向かって何度もそう叫んだものの、聞き入れてくれることもなく現在にいたります。

去年の蚊が今年も生きているわけないですし、そもそも言語を理解してくれないと思われるのでいくら叫んでも意味ないんですけどね。でもまぁ、それくらい痒いのはイヤだってことです。

家に入り込んでくる蚊は蚊取り線香などで対処出来るんですけど、問題は外出時ですよね。ちょっと公園を散歩するときでも、蚊は汗の匂いと吐く息をめがけて寄ってくるので、虫よけスプレーは必需品です。

でも、実際の所、本当に効果のある製品がどんなものなのかは知らなかったりしますよね?

とゆーことで。

先日、キンチョーの人が解説していた虫よけ製品情報をシェアしておきますね。





強力な効果の虫除けスプレーの成分

今までは「虫除け効果が高いものが良いに決まってるだろ~」と思っていたのですが、自分の肌の強さを考えて選ぶ必要があるそうです。

その成分と特徴はこちら。

虫除けの種類

まず、虫よけ製品には「ディート」と「イカリジン」という2種類の成分が含まれているものに分類できるとのこと。

ディート イカリジン
いろいろな害虫に効く
肌の弱い人は炎症の可能性あり 肌にやさしい
生後6ヶ月未満使用禁止 年齢制限無し

こうやって比較してみると、ディートのほうが強力で効果も高いってことがわかりますけど、肌の弱い僕としてはイカリジンを選んだほうが良さそうです。当然、赤ちゃんとか小さな子どもさんにはこちらを選ぶのがベターですね。

虫がいやがる香りで自作虫除けスプレーを作る

市販の虫除けスプレーを買わずに、ハッカ油を使って自作するという方法もあります。(ハッカのニオイは虫がいやがります)

僕も100円ショップで買ってきたスプレー容器に水道水を入れて、そこにハッカを数滴垂らすだけで作れる簡単スプレーを常備してます。

この方法とは別に、コットンにハッカ油を垂らして部屋の四隅に置いておくと、手軽な虫除けになって便利ですし、分量でハッカの香りも調整出来ます。ただ、長持ちはしないですけどね。

ちなみに、ゴキブリはレモングラスの香りを嫌うそうなので、キッチンまわりならレモングラスを使うのが良いと思います。

コーヒーにも虫除け効果あり

あと、コーヒーの香りもかなり強力な虫よけ効果がありますのでおすすめです。

僕は毎日コーヒーを飲んだあとの粉を乾燥させて、それをティーパックにいれてあちこちに並べてます。(電子レンジやフライパンで水分を飛ばしてもOK)

コーヒーを乾燥させています。

ティーパックに入れて、気になる場所に置くだけ!

うちは結構な田舎で、春先に気温が上がり始めるとカメムシがあちこちに登場して、くっさいニオイを撒き散らすんですが、これをやり始めてからカメムシの登場が激減しました。

毎日、窓ガラスに3~4匹いたのが、週に1匹も現れなくなりましたからね。その圧倒的な効果には、中丸くん以上に「まじっすか?」を連発しましたからね~(゜_゜)

ムカデにも効果があると聞いたことがあるんですが、これはイマイチっぽいです。相変わらず以前と同じペースで部屋に出現しますから・・・。

その他にもコーヒー豆のカスには、こんなメリットがあるんですよ。

  • 窓のそばにおいておくと、ほのかなコーヒーの香りがしてリラックスできる
  • アンモニア臭の消臭効果が活性炭の約5倍と高いので、トイレの消臭剤代わりになる

虫除け効果&リラックス効果&消臭効果があるなんて、使用後のコーヒー豆をそのまま捨てるなんてもったいなさすぎですね。ぜひ活用してみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ライフハック
-, ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.