井の頭公園での花見【ボートに乗って楽しむのもオススメ!】

井の頭恩賜公園のお花見スポットといえば、有名なのが、「七井橋の上」ということになるでしょうか。

細長い池の周囲に植えられた500本の桜のうち、半分の250本がソメイヨシノとなっていますが、水面に写る桜や水面に浮かぶ花びらと合わせて、非常に美しい景色が広がります。

井の頭公園にある池には、大人3人まで乗れるボートが60分700円でレンタルできたり、大人2人 小人2人が乗れるスワンボートもありますので、池の上からお花見というのもいいかもしれませんね。

日本さくら名所100選に選ばれています。

井の頭公園の場所取りとお花見スポット

井の頭公園は24時間開放されていますので、基本的にお花見の場所取りは徹夜でもオッケーということになります。

毎年、多くの人がお花見を楽しむので良い場所の競争率は高いですが、池のまわりであれば基本的に桜を楽しむことができるため、人数次第では当日の朝でも場所取りは可能だと思います。

googleマップ

ケンタッキー・ピザーラ・お酒・弁当などをお花見場所までお届け
楽天デリバリー

園内の観光スポット

園内には「三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)」「井の頭自然文化園(水生物園)」などがありますので、家族やデートでのお花見に飽きたら、こちらを覗いてみるのも楽しいと思います。他に、ミニ遊園地もありますよ。

井の頭公園へのアクセス

  • JR京王井の頭線 吉祥寺駅 徒歩5分
  • JR京王井の頭線 井の頭駅 徒歩1分

駅からすぐなので、年配の方も気軽に訪問して、お花見がゆったり楽しめる公園になっています。

住所

〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1丁目18-31

花見の場所取り【コツとルールとマナー教えます!】

3月下旬から4月下旬にかけて、日本全国でお花見が行われます。 中には南から北上して行って、旅行がてら桜を楽しむという猛者もいるようですが、基本的に2~3回もお花見をすれば十分なんじゃないでしょうか? ...

続きを見る

・スポンサードリンク・


その他の東京お花見スポット情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク

投稿日:2018-02-07 更新日:

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.