但馬・丹波地方 グルメ

希望軒で食べたメニュー【備忘録&レビュー】

投稿日:2017-01-08 更新日:

希望軒は甲南山手店の前をよく通るのに、今まで入ったことがないだけでなく、和田山店以外の店舗で食べたことが一度もないんですよ。

というのも、東灘~芦屋界隈だと、どうしても日の丸軒に足が向いてしまうからなんですよね。

でも、和田山で美味しいラーメンは希望軒くらいしかないので、ほぼほぼ一択でここに食べに来ます。海苔もにんにくもニラもトッピング無料ですしね!

ってなことで、こちらのページでは希望軒和田山店で食べたラーメンを記録して行きます。あと、薄くて軽いレビューも書いてます。

・スポンサードリンク・


期間限定メニュー「岩津ねぎ塩ラーメン」を食べました

他の店舗のことはわからないんですが、希望軒の和田山店は毎月新作メニューをリリースしたうえで、期間限定メニューも出しているんです。

これって、かなりすごいことだと思います。但馬地方には名産品が多いので、こういう企画が実現可能なんでしょうね。

ほいで、今回食べた「岩津ねぎ塩ラーメン」も、但馬地方の名産品「岩津ねぎ」を使ったメニューでした。

朝来市特産の「岩津ねぎ」は、日本三大葱の一つに数えられるくらい美味しいネギなんですよ。(他の2つは群馬県の「下仁田ねぎ」と福岡県の「博多万能ねぎ」)

京都の人に言わせると「なんで九条ねぎがはいってないの?」ってことになるんでしょうけど、それを言い出すと、ネギの出荷量の多い埼玉とか千葉の人はもっと文句が言いたいでしょうから、仕方ないと諦めるしかないです。ごめん、京都人。

肝心のお味の方はって言うと、ぶっちゃけ星2つってところでしたね。

スープとネギの味がマッチングしてないし、麺も細麺のほうがよかったな~。とか言いつつ、スープまで完食してしまう僕ちん。

数種類あるランチセットの中から、餃子セットを注文したら、パリパリの羽つき餃子でした。

味噌ダレ最高!

こちらのお店では、味噌ダレが提供されてて、神戸出身者としてはプラス10点!

餃子の味噌ダレは、日本では神戸の「ぎょうざ苑」さんが発祥と言われているので、小さい頃から餃子といえば味噌ダレっていうのが神戸の定番なんですよ。

有名な「ひょうたん」「赤萬」「泰南」も全部味噌ダレです。これがまた、それぞれのお店の特色がでていて、ホントに美味しいんです。

もちろん、家でも餃子を食べるときは味噌ダレを作ります。名店のような味にはならないので、なんとかして秘伝レシピを盗み、教えて貰いたいものですね~。

味噌ダレの作り方

・味噌(合わせ):大さじ3杯
・甜麺醤:大さじ1杯
・醤油:大さじ1杯
・酢:大さじ1杯
・砂糖:大さじ1杯
・ラー油:(お好みで)

これらの材料を混ぜ混ぜするだけです。

その他、酒、すりおろしニンニク、すり胡麻、コチュジャン、豆板醤、オイスターソース、みりんなどを加えるレシピもあります。試行錯誤しながら作ってみるのも楽しいですよ!

焼き餃子も好きですが、水餃子なら「天竺園」さんのが好きです。震災前の天竺園さんは、明け方に行くとネコが膝の上に乗ってきたりしたもんですが、新しくお店を建て替えてからはネコもいなくなってしまいました。

まぁ、飲食店なので動物がいるのは問題ありってことと、ネコアレルギーの人が行けないっていうこともあるんでしょうね。

となると、もっこす本店はどうなるんだ?って話ですが、あそこはいろいろな意味で行く気持にならないので、個人的には問題なしです。笑

・スポンサードリンク・


牛づくし牛麺

先日、八鹿日高道路の開通イベントに参加した帰りに、和田山の希望軒でラーメンを食べました。

ちょうどこちらのお店が開店5周年ということで、地元食材を使った新しいメニューが登場していました。5周年イベントが4月9日までみたいなので、多分この新作ラーメンも期間限定だと思います。

限定は大好物なので、当然注文しときました~。「牛づくし牛麺」です。

牛づくし牛麺という名前なんですけど、希望軒はとんこつ系のお店なので、豚骨スープに牛スープが混ざっているのか、はたまた別に牛スープだけを作ったのかは不明です。

店員さんに聞けば良かったんですけど、めちゃくちゃ忙しそうだったので、邪魔しちゃ悪いなと思って訊ねるのはやめておきました。

全体的に牛ならではの上品な味だったんですけど、牛テールスープのような味をイメージしていたら、見事にはずれてしまいました。

パンチが無い味なので、記憶に残らないラーメンになりそうです。5周年記念期間だけの提供でフェードアウトしていくんじゃないでしょか。(゜_゜)

但馬一周スタンプラリー

新作メニュー以外にも、5周年イベントの一環で「但馬一周スタンプラリー」というのも行うそうです。

来店ごとにスタンプを押して貰えるんですけど、その内容は下記のようになっています。

  • 3回来店で餃子半額
  • 5回来店でラーメン半額
  • 7回来店でローストビーフ丼半額
  • 9回来店でラーメン1杯無料

ただ、希望軒でラーメンを食べるのは1ヶ月半に1回くらいのペースなので、6月末までに3つスタンプを集めるのが限界かなって感じですね。

ラーメンも好きなんですが、基本的にそば好きなもので・・・。出石そば、高中そば、夜久野そばなど但馬には美味しいそばがたくさんあるので、どうしてもそちらが優先になってしまうんですよね~。

とんこつラーメンと冷しゃぶセット

マンガ「OL進化論」にあったんですけど、夏バテ対策には前向きと後ろ向きの2種類があるそうです。

後ろ向きは、さっぱりした冷麺などを食べる方法。そして前向きはこってりの物を食べてスタミナを付ける方法なんだとか。この意見には深く感動して、何年も前に読んだその4コマが頭にこびりついています。

僕もそこそこの年齢なので、基本「後ろ向きの夏バテ対策」を選ぶ事が多いのですが、時々スーパーポジティブになるタイミングもあるんですよね。それが一昨日でした。

ちょうど、近所の希望軒のサービスデーだったこともあって、暑い夏に熱いラーメンでたっぷり汗をかくつもりで食べに行ってきました。

今回のお得なセットは「お好きなラーメン+白ご飯+冷しゃぶ」。久しぶりにとんこつをチョイスしました!

過去5回は「鶏塩パイタン」か「塩ラーメン」か「ゴマ味噌」ばかり食べていたので、とんこつもたまには食べとかないとダメだなと反省するくらい美味しかったです。

当然、スープまで完食!

そして、こちらが冷しゃぶです。

ドレッシングもすごく美味しいし、お肉自体も柔らかく、全く臭みがなくてヨカッタです。定番メニューになってもいいくらいの完成度でしたよ。

メール会員になっていると、このセットで税込み540円ですから、めちゃくちゃお得です。

また来月のサービスデーに食べに来ます。(← 普通の日も行けよ)

・スポンサードリンク・


塩ラーメン背脂少なめ

パソコンの画像フォルダを漁っていたら、オープン間もない頃に食べたラーメンの写真が1枚だけ残ってました。

塩ラーメンの背脂少なめです。画像の名前を「sioramenseaburasukuname」としてたので、「シーブラ少なめって何?」という戸惑いと同時に、「海鮮ラーメンなんかメニューにあったっけ?」と困惑してしまいました。

このとき、なんで背脂を少なめにしようと思ったのかは思い出せないんですが、おそらく前日飲みすぎてお腹が猛烈に減っているにもかかわらず、胸焼けはしたくないという状況だったと予想してます。

普通は二日酔いのときは、うどんとかおかゆとかを食べるものだと思うんですけど、攻めてますね~。アホですね~。(゜_゜)

塩ラーメン・背脂ふつう

背脂の量が普通の塩ラーメンがこれです。

見た感じ、背脂少なめに比べると、確かに背脂が多いような気がしますね。

まぁ、実際に食べるときにはあまり量の差は気にしてないような・・・・(゜_゜)

チャーハン

個人的に、理想のチャーハンのイメージというのがありまして、かなりその理想が高いんですよね。

なので、少々うまいくらいでは納得できないのござ~ます。希望軒のチャーハンも、そんな僕をうならせるレベルには到達していないので、さらなる研究を重ねてほしいと思います。

羽つき餃子

餃子は7個入りと5個入りが用意されているんですけど、いつも7個を注文します。やぱり5個じゃなんか物足りないんす。

んで、つけるのはもちろん味噌ダレ。

この味噌ダレがあれば、20個くらいは軽く食べれます。(胃が持たれるので食べないけど)

オムチャーハンセット(ごま味噌ラーメン・とんこつラーメン)

希望軒恒例の「新作メニュー540円デー」に行ってきました。

今回の新メニューは「オムチャーハン」。

希望軒オムチャーハン

これがなかなかの美味しさで、普通のケチャップライスやデミグラス系のオムライスよりも美味しかったです。これは定番メニューに加えても、人気が出るような気がしますね~。

そして、チョイスしたラーメンは、僕がごま味噌、妻がとんこつでした。

希望軒・ごま味噌ラーメン

希望軒・とんこつラーメン

毎回思うんですが、好きなラーメンと新メニューのセットで540円というのは破格ですね!

いつも安く食べさせてもらっているので、親戚が集まったときは10人以上で食べに来るようにしています。こういうときに貢献しておかないと、540円メニューが無くなるかもしれないですしね。

これからも、持ちつ持たれつということで行きたいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方, グルメ
-, , , ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2019 All Rights Reserved.