電化製品

【youtuberになれるかも?】パナソニックのビデオカメラを買いました

投稿日:2017-01-20 更新日:

youtuberになれるかも?っていうのはウソです。

世間様に顔出しするような器量は持ち合わせておりませんし、そもそも彼らのような企画力もござーません。

ま、でもしかし。

動画コンテンツがこれだけ盛り上がっていると、少しくらいはいっちょ噛みしたくなるのが人情ってもんでして・・・ビデオカメラを買ったわけです。

・スポンサードリンク・


なぜビデオカメラなのか?スマホじゃダメなの?

ちょっとした動画を撮るだけなら、スマホで十分なんですけど、もうちょっと長い動画を撮りたいな~というときにはビデオカメラが必要になってきます。

・・・とは書きましたが。

すいません、実は僕ガラケーなんです。10秒くらいのおそろしく画質の悪い動画しか撮れないんです。だからビデオカメラを買うしかなかったんです。(← スマホ買え!)

本当は、iphone買おうかなとか考えてたんですけど、本当に撮りたい動画は長時間撮影が必要になってくるので、やっぱりスマホよりビデオカメラを選ぶことにしたんですよね。

最近は、デジタルビデオカメラもすごく性能がアップしているのに、価格が下がっているということも決断した理由のひとつです。

ビデオデッキが出初めの頃、カメラとデッキがセットになったアカイの製品を、うちの父親が80万円くらいで買ってたんですけど、今考えるとその数百倍の性能のビデオカメラが数十分の1の価格で手に入るわけですからね。科学の進歩ってすごいっす。

値段変動をチェック

実は、ソニーのビデオカメラにするか、パナソニックにするかで迷ってたんですけど、ブルーレイデスクとテレビがパナなので、なんとなくトータルコーデがしたくなってパナソニックのにしました。

んで、年明けに安くなるんじゃないかな?と予想して、毎日のようにアマゾンで価格変動をチェックしてました。そんなある日、

「この値段なら即買いだ~」

というところまで値段が下がっていたので、ポチっとしました。買ったのは、パナソニックの「HC-V360MS」です。

結果的に、性能は遜色ないのに、値段がこちらの方が安かったのでこれを選んで正解でした。目のつけどころがシャープでしたね。ガビョン。

動画を撮りながら写真も撮れるので、デジカメとか持ち歩かなくて良いのも便利です。

パナソニックの「HC-V360MS」が到着

アマゾンのプライム会員ではないんですけど、注文した翌日には届きました。

箱を開けると、こんな感じでしっかり梱包されていましたよ。アマゾンお得意の固定方法ですね。

箱を開けたところ。

上からのアングル。

横からのアングル(なぜか下に敷いているのは花柄刺繍入りのタオル)

レンズはこんな感じです。

蓋が本体に格納されていて、スライド式で開閉するようになっています。

赤ちゃんの撮影のために購入した人が、この部分にジュースをこぼして掃除が大変だったというレビューをしていましたけど、僕の場合は絶対に蓋をなくす確率の方が高いので、このシステムは助かります。

パカっと開けたところ。

保護フィルムもサードパーティーから出ていますけど、ヘビーな使い方はしないので、そのままにしています。

同梱品です。

パナソニックの「HC-V360MS」を使ってみた感想

まだまだ、全部の機能を試したわけではないですけど、とにかく軽いのと小さいので、上着のポケットに入れて持ち歩くことが出来てすごく便利です。もちろん、ポケットはかなり膨らみますけど。笑

動画を撮った感じもかなりクリアですし、手ブレなどもしっかり修正してくれているようです。

今後、歩きながら撮影したらどうなるかとか、夜間撮影はいけるのか?とかを確認して行こうと思ってます。一応、youtubeのチャンネルもあるので、よかったら撮影状態をチェックしてみてください。

実は、このビデオカメラで初めて撮影したのがこの動画でした。軒先の氷柱がすごいです!

日付が前後しますけど、レビューするのは使ってからと決めていたので、動画のほうを先にアップしています。

日差しがない状態でも、これくらい鮮明に撮影出来ているので、値段からしたらかなり高性能ではないでしょか?ひとまず、画質的には満足しています。

パナソニックの「HC-V360MS」のスペック

スペック

・2016年10月発売
・高倍率iAズーム90倍
・傾き補正
・5軸ハイブリッド手ブレ補正
・内蔵メモリー:16GB
・重量:約213g

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-電化製品
-, ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.