クレ山

【究極のオリジナリティが炸裂!】クレ山の楽曲たち

投稿日:2017-09-11 更新日:

CRAZY WEST MOUNTAIN、通称「クレ山」という5人組のバンドに出会ったきっかけは、作曲家であり、元Superflyでもある多保孝一さんのツイッターでした。

彼が、愛媛 FC今治の公式テーマソングを製作するにあたり、ボーカリストの鶴岡良との出会いが楽曲製作に大きな影響を与えたというコメントをしていて、

「あの越智志帆さんの歌を一番身近で聞いていた人が絶賛するって、どんだけ~」

と思い、早速ググってみたんですね。

そのときに、彼らの動画がヒットして、何気なく見た瞬間にぶっとばされたんです!

そして当然、CDを購入するというアクションを起こしました!

クレ山のCDを買い揃えています

レッチリをルーツに持つミクスチャーサウンドもさることながら、伸びやかで突き抜けるような声を、馬鹿馬鹿しいと思われても仕方がないような世界観の表現(歌詞)に使う潔さが、本当に気に入ったんです。

ミニアルバムの楽曲を紹介したその動画を繰り返し観て、その魅力にグイグイ引きこまれてしまった僕は、無意識のうちにこのシングルをポチっていました。

ファーストEP「一郎.ep」

全4曲のこのシングル、カラオケで曲数を稼ぐようなセコイマネはしていません!

しかも2曲もライブ音源をぶっこんでくるあたり、実力のあるバンドだというアピールもしっかり出来ていて良いんですよね~。

収録曲

1:ダイダラ
2:全力オフサイド
3:鬼殺し(live)
4:CWMのテーマ(live)

「一郎.ep」という独特なネーミングも、この跳んだ男性デザインもナイス!「クレイジーウエストマウンテン」だけに、ライブのことを「山登り」としているところも面白いですね。

印象に残る歌詞とメロディーとアレンジ

「どうやってそんなフレーズ思いついたの?」と思えるような歌詞もすごいですが、全体的に溢れ出るオリジナリティがすごいバンドです。

いなたいと感じられるフレーズを時折織り交ぜながら、「耳に残る」という楽曲作りに成功しているのは、まさに彼らの狙い通りなんじゃないでしょか?

1曲め:ダイダラ

だいだらぼっちを自分たちになぞらえて、ビッグになってやるぜ!という意思を示した曲。

「でかくなるから手を離すなよ」という歌詞にこめられた、ファンとの絆を大事に思っている気持が素晴らしいですね。

2曲め:全力オフサイド

最もコミックソング色が強い。サッカーのルールをよくわかっていない状態で書いた歌詞が、結果的に良い塩梅に面白くなっています。っていうかオフサイドの解釈をここまで広げたのは鶴岡良が初めてでしょうね。笑

うねるようなリズムのイントロから、いきなりスカビートに変化するあたりにセンスの凄さを感じます。サビにつながるコード進行も天才的!

3曲め:鬼殺し(live)

桃太郎のストーリーを鬼側からの視線で見た楽曲。クレ山の中では最もヘビーな曲のひとつです。

犬、さる、きじが桃太郎について鬼ヶ島についてきた理由が新解釈すぎる。笑

コーラスは「酔=スイ」と叫んでいます。日本酒の鬼殺しにかかっているんですね。

4曲め:CWMのテーマ(live)

この曲が完成したことで、クレ山の方向性が一気に変わったそうです。

トントン拍子に行かなくても、一歩一歩進めば、こんなに遠くまで来れるというポジティブソング。ライブで両手を大きく突き上げてサビを合唱すると、超絶に盛り上がります。

ブレイクも時間の問題

彼らは、武井壮さんがナビゲーターを務める、テレビ朝日系のバンド番組「ROAD TO EX 2017」のFinal Stageまで勝ち抜いているので、完全なるブレイク予備軍になっています。

11/19(日)の恵比寿LIQUIDROOMでのファイナル、できることなら見に行きたいものですね~。ミニアルバムも注文しているので、近いうちに届くと思います。楽しみで仕方ないっす。

ファーストミニアルバム「ROCKEY」

この山々しいジャケットデザイン!!シンプルでいいですね。

裏面はこんな感じ。ショッカーをやっつけた後の仮面ライダーたちが、人間の姿に戻った感ですぎ。笑

収録曲

1:曙
2:無礼講
3:全力オフサイド
4:ダイダラ
5:Mr.オートマチック
6:愛の円盤
7:セカンド童貞

クレ山への初登頂は、このミニアルバムの紹介動画が最初だったのですが、あのときに感じたインパクトを超える完成度で大満足でした。

ライブのことを「山登り」と呼ぶ彼らですが、アルバムもロッキー山脈のエルバート山を登頂したときのような爽快感(登頂したことないけど)が堪能できまくりで、達成感がハンパないです!

各曲のレビュー

簡単ではありますが、一曲づつレビューしていきますね。

1曲め:曙

最高の1日がスタートする爽やかな朝を感じさせるこの曲は、アルバムのオープニング曲としてはこれ以上ない楽曲です。ギターの音色もU2のジ・エッジに負けないくらい太くてキレイだし、伸びやかなボーカルも素晴らしいですね。リズム隊の疾走感も最高です!

2曲め:無礼講

サラリーマン社会の鬱積した感情を爆発させようと促す歌詞にテンションがあがります。ギターのリフもオリエンタルな香りがぷんぷんでかっこいいですし、スネアの音も大好物です!

3曲め:全力オフサイド

「一郎.ep」にも収録されていますが、やっぱり好きすぎます!

イントロからヘビーな曲が始めるのかと思わせつつ、軽快な裏打ちのギターカッティングとMummy-Dにも負けていないリリックが展開し、想像もつかないサビへと突入する構成は、まさに究極のオリジナリティですね。

4曲め:ダイダラ

こちらも「一郎.ep」収録曲。

ドラムとベースのコンビで、だいだらぼっちがのし歩く雰囲気を完璧に表現しています。もものけ姫に登場しただいだらぼっちでも、妖怪ウォッチに登場するそれでもない、若々しいイメージのだいだらぼっちが目に浮かんできました。

5曲め:Mr.オートマチック

人間って、気づかずにやってることっていろいろあるんだなと。僕は湯船から出る時は左足からですね。笑

ベースのランニングと、後半の岡野一さん(スペースサーカス)を彷彿とさせるフレーズがめっちゃかっこいいです!

6曲め:愛の円盤

イタリアン大好きな僕にとって、テーマソングになりえる曲です!「ピッツァのPはパッションのP」・・・まさにこれ!

7曲め:セカンド童貞

発想力がすごすぎ。

毎日細胞が生まれ変わっているから、あのときの俺と今の俺は違うっていう捉え方がスンバラスイート!

坂本龍馬の名言「俺は昨日の俺ならず。」に近い感覚なのかも?ギター的には、このテンポでカッティングするのは、腕がつりそうです!

クレ山の音楽的バックボーンが知りたい

いつも思うことなんですけど、コミック的要素が強い曲をやれるバンドっていうのは、圧倒的な実力がなければ成立しないんですよね。

そういう点でも、彼らの演奏スキルがいかに素晴らしいかということがわかると思います。

ボーカルの鶴岡良さんの歌唱力に注目が集まるのは当然なんですが、それをガッチリ盛り立てたうえで、メンバー同士でバトルを仕掛けあうような、スリリングなやりとりを出来る演奏陣も良いんですよね。

有名なドラマーの沼澤尚さんが、ライブでばっちりハマった演奏をしたときに、メンバーにスティックを向けて「クールだったぜ、今の曲」みたいな仕草をするんですけど、そういう音の会話がクレ山のメンバーの間で出来ているような気がします。。

シングルを聴いたあとには、ジャーマンメタルとミクスチャーが音楽的なバックボーンになっているのかな?と思っていたんですけど、このアルバムを聴いて、それだけではない懐の深さが感じられました。

彼らがどんな音楽を聴いてきたのか、コピーしてきたのかが激しく知りたいですね。ドラムのマッハさんは、ガーゴイルとかメタリカとかめっちゃコピーしてそうなんですけど、どうなんでしょ?

ハチ北フェス参戦します!

音源はすごく楽しめているので、あとはライブだなと思っていたところ、ハチ北野外音楽フェスへの出演が決まったと知って、速攻でチケットを手配しました。

本当の山でクレ山初登山になるので、アウトドア仕様で参戦するつもりです。フェスのあとに詳しいレビューしますのでもうしばらくお待ち下さい!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-クレ山
-, ,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.