但馬・丹波地方 グルメ

こじゃれたカフェレストラン【道の駅やぶcoinova village】

投稿日:2020-05-17 更新日:

道の駅やぶcoinova village

2020年4月1日。

「道の駅やぶ COINOBA Village」が正式オープンしましたので行って来ました。

先に開店していた油そばのお店の横に、レストラン、ベーカリー、カフェが併設されて、こじゃれた空間になっていましたよ。

スタッフさんの許可をもらって、店内を撮影してきましたのでご紹介しますね。





coinova village・カフェとベーカリーとレストラン

先日知ったところなですが、「coinova village」は、フダバキッチンを運営する「ロッカン」が経営に携わっているそうです。ロッカンの社長の福富英人さんは朝来市出身で八鹿高校OBなんだとか。

3月15日より先行オープンしていた油そばのお店はこちらのページで紹介してますので、ご覧になってみてください。

道の駅やぶ COINOBA Village】
油そばが美味しい!【道の駅やぶ COINOBA Village】

「道の駅 やぶ(グリーンビレッジ)」が2019年2月28日に閉店。 実は今まで立ち寄ったことがなかったんですが、2020年4月1日に「道の駅やぶ COINOBA Village」としてリニューアルオー ...

続きを見る

coinova villageは、油そばの店を除いて3つのエリアに分かれています。

COINOBA cafe

油そば店側にも入り口がありますが、便利なのは建物の右側にある出入り口でした。

coinova village

フロアシートもネーム入り。

coinova village

カフェスペースはウッディで落ち着いた雰囲気。

coinova village

屋号になっている「COINOBA」は「鯉の場」という意味もあるんでしょうね。壁にかかっていた絵画は鯉でした。かっちょいい!

coinova village

荷物入れもニトリ製のカゴではないところが素晴らしいですね。笑

coinova village

COINOBA bakery

このカウンターはセメントを固めて作ってあるそうです。

COINOBA bakery

買い物カゴもかわいい

COINOBA bakery

購入したパンとタルト

COINOBA bakery

あんぱんが230円で、タルトが250円だったかな?ちょっとお高いですね(゜_゜)

後日、いちじくのパンを買いました。値段は失念。。。たぶん、250円前後だったような気がします。

いちじくのパン

別の角度から見るとわかるんですが、いちじくの下にクリームが敷かれています。でも、濃い味ではないのでクリームの存在感は薄く、いちじくの味を邪魔してませんでした。

いちじくのパン

個人的にはイマイチだったので、リピはなしですね。(゜_゜)

COINOBA family restaurant

このランチプレートは一度食べに来るつもりにしています。

COINOBA bakery

国産牛のステーキ丼もそそられる。

COINOBA bakery

後日(2020年9月22日)、ランチを食べに行ってきました。

チョイスしたのは「15種類のリトルビッグプレート:1,480円」です。

15種類のリトルビッグプレート:1,480円

ハンバーグ、キッシュ、エビフライなどなど、いろいろな味が楽しめる見た目も楽しいプレートになっています。

15種類のリトルビッグプレート:1,480円

どれも非常に美味しく仕上がっていて、洋食ファンも納得の完成度だと思います。

自家製パンとスープはおかわりOK。中身は定期的に変更されるようですね。

現在、値段が変更されています。

その他のランチメニューはこんな感じ。

コイノバレストランランチメニュー

店内はナチュラルで非常に落ち着ける雰囲気です。この日はハエが2匹飛び回ってたので、その対策をしてもらえるともっとヨカッタかなと。笑

コイノバレストラン

お水も、よく冷やされたこじゃれたボトルに入ってました。あえて氷を入れてないところがしゃれてますね(注ぎ口から入らないだけか?w)

コイノバレストラン

COINOBA VILLAGE

スペースは少ないものの、地産の野菜や調味料が並んでいました。

COINOBA bakery

この場所では、「コイノバでみぃつけた展」と銘打って、アクセサリーや小物などの展示販売も行われているようです。

・スポンサードリンク・


まとめ

和田山にこじゃれたカフェをオープンさせ、人気を獲得したことで、八鹿にも手を広げることができたのはユーザーとしても嬉しい限りですね。

スペース的にも広すぎず狭ずぎずでちょうど良いですし、落ち着く内装になっているのも素晴らしいです。

油そばと洋食レストラン、カフェ、ベーカリーというラインナップも集客には最適なんじゃないでしょか。

道の駅やぶ COINOBA Village】
油そばが美味しい!【道の駅やぶ COINOBA Village】

「道の駅 やぶ(グリーンビレッジ)」が2019年2月28日に閉店。 実は今まで立ち寄ったことがなかったんですが、2020年4月1日に「道の駅やぶ COINOBA Village」としてリニューアルオー ...

続きを見る

建物の外でも休憩できるようにテーブルと椅子がセットされていますので、オープンカフェファンも納得(*´∀`*)

COINOBA bakery

右岸道路沿いは難しい立地条件だと言われているそうですが、もともとは道の駅ということで認知度は高いはずなので、経営的には問題ないと感じています。

オープンしていきなりコロナ騒ぎで休業を余儀なくされてしまいましたが、この間にも新メニューなどを考案されているようなので、今後が楽しみなスポットですね。

テイクアウトしたい場合は、日替わり弁当もあります。インスタで献立をアップしてくれてますので、好きなメニューのときに買えるのが良いですね。

インスタ:https://www.instagram.com/michino_eki_yabu/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-但馬・丹波地方, グルメ

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2021 All Rights Reserved.