ライフハック

静電気除去キーホルダー【ぺんてる】を使ったら、静電気の悩みが解消されました!

投稿日:

静電気防止キーホルダー

冬が近づき、空気が乾燥してくると登場するパチパチくん(古い)。

静電気の「バチっ」っと来る痛みは、本当にストレスですよね。

そこで、「この悩みを解決すんべ」と、たくさんある静電気防止アイテムの中で、「リーズナブルで効果のあるもの」を口コミレビューから探して、高評価のぺんてるの静電気防止キーホルダーを見つけることに成功しました。

これがもう、かなり優秀で、車の乗り降り時の静電気の悩みが完全になくなりましたよ!





ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)で静電気の悩みを解消!」

アマゾンのレビューや、SNS、ブログの口コミなどを多数チェックした結果、この「ぺんてる B-SHAPE BODY」がかなりの高評価を集めていました。

静電気除去アイテムに求める条件がいくつかあったんですが、この製品は、

  • 使い方が簡単
  • 軽量で小型
  • 値段が安い

というスグレモノだったので、早速購入してみたわけです。

ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)

ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)

ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)の使い方

使い方はこんなに簡単です。

ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)

トリセツに書いてあるように、静電気が心配な対象物に、このぺんてるキーホルダーを当てるだけ。

除電できると、こういうマークが表示されます。

ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)

ぺんてる B-SHAPE BODYを実際に使ってみると・・・

基本的に、車の乗り降り時と、ガレージのシャッターの開け閉めのときに静電気がひどいので、まずはシャッターで確かめてみました。

シャッターに押し当てて2秒ほどで、除電できたサインが表示されました。

ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)

んで、おそるおそるシャッターに触れてみたんですが、「バチっ」どころか、「ピリっ」とも来なくてヒデキ感激!(ヒデキちゃうけど)

もちろん、車の乗り降りでも、家のドアノブでも静電気の悩みは完全に解消されました。

・スポンサードリンク・


ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)はすでに終売のようです

残念ながら、「ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)」は生産終了、終売となっているようですね。

僕が購入したときは、(すでに終売だったみたいなんですが)まだ在庫が残っていて、700円ちょっとで購入することができました。

ただ、今日アマゾンでチェックしてみると、マーケットプレイスに出品しているものに「7,480円」「2,800円」という値段がついていました(゜_゜)・・・・いくら人気があるとは言え、この値段付けはないわ~って感じですよね。

その他の静電気防止キーホルダー

ぶっちゃけ、過去にいくつかの静電気防止キーホルダーを使ってみたことがあるんです。

こんなのとか。

静電気防止キーホルダー

でも、全く効果を感じなかったんでこういうアイテムには懐疑的だったんですよね。

とは言うものの、セルフのガソリンスタンドにある「はじめにタッチ」アイテムは、効果があるから設置されているんですよね。こういうやつ。

静電気防止ガススタ

ただ、この大きさのものを、部屋のドアがある箇所すべてに設置するのは現実的ではないので、代わりにこういシールはどうなん?と思っているところです。

静電気防止シール

静電気除去グッズには当たり外れがあると思うんですが、今回購入した「ぺんてる B-SHAPE BODY」のように、ちゃんと静電気を除去してくれる市販の製品が存在するのはまちがいありません・・・なので、きちんと効果の出る製品を探す努力さえすれば、きっと見つかるはずです。

楽天市場などで、いろいろな静電気防止シールの取扱があるので、じっくりレビューをチェックしてみてはいかがでしょ?

楽天市場で取扱の静電気除去シール一覧

僕は、「ぺんてる B-SHAPE BODY(ビーシェイプ)」の予備を持っておきたいので、定期的に通販サイトやメルカリなどをチェックしてみようと考えています。もちろん、他の静電気除去グッズで「これはよさそう」と感じたものも、積極的に試してみるつもりです。

というのも、ゴルフの打ちっぱなしで練習していると、人工のマットとクラブがこすれるたびに静電気が体内に蓄積されていく気がするからなんですよね。まぁ、グリップがラバーなので、そういう可能性は低い気もするんですけど、練習場を出て車に乗るときには、絶対に「バチっ」と来るので、予想は当たらずとも遠からずだと思うんですよ。

ですから、いつでもどこでも静電気を防止できる準備をしておきたいわけです。静電気ごときにビクビクして暮らすのは腹たちますからね。笑

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ライフハック
-,

Copyright© むしろ、おじさまと呼んでくれ! , 2020 All Rights Reserved.